・・・スピーカーの修理、メンテナンス、オバーホールなど・・・
・オーディオ機材の中で、6割ほどの影響力を持つスピーカー。機材変更の場合、まずはスピーカーからと言うほどです。
ここでは軽いメンテナンスから重症のO/Hオーバーホール、さらにグレードアップ化をはかるチューニングなど、様々なメニューでご紹介していきます。


●私はパソコンで音楽を聴くことが多いです。(PC→サウンドカード→アンプ→スピーカー)
音源は概ね圧縮したMP3なので、CDプレイヤーと比でべると音質が落ちてしまいます。
ですが操作性が良く、次々に聴けるのでこれでやってます(2006年時点)。


●スピーカーの聴き比べをする時、ステレオはもちろん、L・Rで違うスピーカーを接続し
モノラルでも比較しています。モノラルの場合、ステレオよりも個々の能力が分かりやすいです。


 アンプはDENONの廉価版コンポ用と、流行の中華デジタルを使い分けてます。
スピーカーの音が悪いのをアンプのせいにしたくないので、普通機を好んで使ってます。
ソースは主にJ-POPがメインで、ロック、ジャズ、クラシックもテストで使ったりします。

スピーカーのメンテナンスや修理には「 マニュアル 」が無いので、私のページが参考になればと思い
写真を細かく出してます。
 「 修理の教科書 」になるよう励んでいきます。それではごゆっくりとお楽しみください♪
●修理の難易度を私なりに☆で評価してます。
★★★★★・・・二度とやりたくないかも?
★★★★☆・・・細かい作業とか神経使い技術もいる
★★★☆☆・・・普通〜ややめんどうな作業
★★☆☆☆・・・あれ?もうできた?
★☆☆☆☆・・・クリーニングだけでOKなど
パート1 1〜20 パート2 21〜40
パート3 41〜60 パート4 61〜80
パート5 81〜100 パート6 101〜120
パート7 121〜140 パート8 141〜160
パート9 161〜180 パート10 181〜200
パート11 201〜220 パート12 221〜240
パート13 241〜260 パート14 261〜280

   ・・・・・・・・・・・・・・・