●お次は箱の仕上げです。
フルレンジ箱を作るときもだいたいはそうだが、
2wayや3wayを作る場合は、ユニットを決めてから
それに合わせて箱を作ります。
だからサイズ的にドンピシャですね。

←最近製作した積層・縦の8cm箱。
並べてみると20cmの迫力が伝わりますね。
●今回の製作でポイントが一つ。
左の矢印はバッフルにツィーターを入れてみたのだが
いかんせん重過ぎる(約1kg)
これにウーファーも加わると
 重量配分が「
かなり前傾 」になりそうです。

 そこでバランスを取るためにウェイトを装着しました。
右矢印
セメントの中には鉛が入っており、
容積以上の重さがでてます。
これにより全体の重量バランスが垂直となり、
安定性も格段に向上しました。

 音質にどれだけ影響するかはわかりませんが
精神的には抜群ですし、安心感がある。

ちなみにバッフル、超分厚いでしょ。
●さて、最後のネットワークに入ります。

←これ、自作スピーカーに使おうとずっと温めていた
KEF104のネットワークで未使用品。
デットストックで状態がとてもいい物です。

これの特徴は写真でもわかるよう”
切り替え式 ”。
だがただの切り替えじゃありません。
普通はツィーターの切り替えがほとんどですが、

 これ「
ウーファーの切り替え 」なんです。
珍しいでしょう。
まさにアルニコウーファーにうってつけと思ったが
相性がいまいちだったので断念しました。
上まで伸びきるような小口径ウーファーの方が合いそうです。
●やはりJBLにはJBLか。
これも何点かストックしてあった一つで、
JBLの3wayネットワーク、年代物になります。
当時このままの状態で購入したので
何についてたかは忘れました(書いてない)
大きいコンデンサーやトランスコイルを見る限り
たぶん7〜80年代のものでしょうね。
配線やコイルしかり、90年代のものとは質が違います。
この年代の物が一番ですね。
●まずは部品の数値を計ります。
次にユニットを取り付け出音特性を調べます。
おおらかで自然な鳴り方でした。

JBLのネットワークって以外とシンプルな物が多い。
日本製スピーカーの構成もシンプルが多いのは
やはりアメリカの影響力か?
ヨーロピアンモデルとは真逆な印象のネットワークでした。
●で完成。
1週間ほど見ていたがユニットとの相性が良く
セッティング〜組み立てまで2日で終わりました。

 当初は4301と同じ、クロス2.5kHzにしようと考えていたが
ツィーターのST350は3kHz〜の方が自然でいい。
そんなんでユニットの出音を確かめながらセッティング、
クロス約3.2kHzとなりました。
 大口径ウーファーの2wayなので、
自然に聞こえる繋がりに重点を置きました。

 一つ問題というほどではないが
このST350、能率がめちゃめちゃ高い(111dB)
アッテネーターの役目を果たさないほどで驚きました。
●完成したネットワークを箱に装着します。
箱が大きい(穴が大きい)と取り付けも簡単です。
ネットワークは再セッティングしやすいよう
ネジ止めにしました。
●ターミナルはこれ。
ハンダを使わない直付けタイプを使いました。

 しっかしこのケーブルは、味があっていいものです。
今時のぶっといのも解像度が高くていいのだが、
このケーブル(銅+鈴メッキ、で硬め)はなぜか安心感がある。
年の功ってやつですかね(笑
●いよいよユニットを取り付けます。

 これは最初に紹介したJBL4301のウーファー・116A。
全てばらしてオーバーホールしました。

 今回エッジ(左、オクで3200円)はウレタンを使いました。
安く販売してたのでつい購入したが、やはり私には
しっくりしません。
 一番難点に感じたのは「 硬すぎる 」ことですかね。
柔軟性が無いっつーか、なんか動きが悪い。
やはり自作かラバーにするべきだったと少し後悔したが、
とりあえず装着前にしごいたり液体ゴム塗ったりと
色々やってみると、なんとか納得できる状態になりました。
この手の安物は安かろう・・・なんでよく考えて購入しましょう。
●で次はここ。
ご覧のよう一部フレームが顔を出します。
●なので2部艶黒で塗装しました。
最初は磨いてピカピカにしようと思っていたのだが、
ツイーターやサランネットと統一感をもたせるため
同系色(黒)で塗装しました。
これで一体感が生まれるはずです。

そして下のまるいやつ(矢印)はネットのフレーム。
MDFで作りました。
●そのMDFフレームに布を貼りサランネットの完成。
サランネット作りって、
意外に重労働なんですよ。
●ユニットに戻ります。
116A、フレームは全体を磨き錆びを落とす。
その後クリアーで塗装しました。
他のパーツ、コイルやダンパーなんかの状態は良く
これであと2〜30年は大丈夫でしょう。

ぱっつんぱっつんだったエッジもだいぶしなやかになり
音出しが楽しみです。
●ツィーターも処理しました。
まずは裏側の隙間をがっつり埋めました。
軽いカンカン音から重くて硬いコンコン音に変わりました。

そして肝心なのがもう一つ。
このホーンはプラスチックだから見た目の質感が安っぽい。
そこで鋳造鉄に見えるよう塗装しました。
マークオーディオCHN70までとはいきませんが
安っぽさがとれ、なかなか具合よくなったと思います。
●最後は慎重にユニットを装着
 そしてようやく

      NEXT↓

   ・・・