●今回は積層と融合した最新ダイヤモンドシリーズ、
 2wayの紹介です。

←以前製作した積層ラウンドシリーズ。
●その一番大きい箱を使って完成したスピーカーが
●こちら。
ユニットはパークオーディオの同軸2way。

今回はこれと同じ箱使い
2wayスピーカーを作ります。
●ユニットは年代物のJBL4301を使う予定。
これがどう化けるのやら。
●さっそく図面を製作しました。
するとウーファー(幅21.5cm)がバッフル(幅18.6cm)
を超えてます。

 少し悩んだが、このはみ出しはいい味になるかもと
作ってみることに。
たがここで問題発生。

 使う予定のバッフルは約24mmあるのだが
←このパターンで搭載するにはバッフルの厚みが
最低でも
35mmは必要になってくる。
なんとも落とし穴が。製作前に気づいて助かりました。
 あとは全体のバランスを少し整えてやり
高さを少し増してみます。
●で悩んだあげく
元々の積層箱は使わずに一から製作しました。

そして完成したのがこれ。
←Fバッフルは超厚40mm。
積層ということもあり、加工が大変でした。
●さてユニットに入ります。

まずはウーファーから。
JBL4301に搭載されている懐かしの116A
アルニコの20cmウーファーです。
存在感抜群。
 右のユニットはフォステクスのFE103-Solで10cm。
並べると20cmがいかに大きいかわかりますね。
●程度はまぁまぁでそれなりですが
オーバーホールをおこないます。
●ツィーターはこちら。

JBL SELENIUM ST350 スーパーツィーター

ウーファー・116Aに合うツィーターを色々と探してたところ
やはりJBLにはJBLということでこれに決めました。
同メーカーで相性は良さそうです。
完全に見た目(デザイン)で選んだので
吉とでるか凶とでるか!?
●さっそく開封します。
中身はこんな具合でシンプル。
●そしてこれ、写真じゃ伝わりずらいと思うが
 「 超でかい! 」

箱を開けた瞬間”
でかっ ”と思い
手にした瞬間”
重っ ”と思う。
まさに重量級ツィーター。
●背面の印字、メイドイン・ブラジルがスレてるのが
気になったが、それよりもスーパーツィーターの印字に目が。

 「
そうだこれ、スーパーツィーターだったんだ

なにやら嫌な予感がしてきたので
あわてて周波数特性を確認。
4301と同じクロス2.5kHzは無理そうだが
ぎりぎり3kHzあたりで使えそうと一安心。
ですが少し構成を考えさせられます。
●とりあえずネットワークはおいおいやっていくということで
このST350
一番の問題点はこれ
←ホーン部分のフレーム。

指で叩くとプラスチック特有の鳴きが発生。
しっかり処理する必要がありそうですね。

      NEXT↓

   ・・・