●2作目のスピーカー「 WV-00 」を作り、
それにあわせたネットワークを本格的に作ってみた。
最初は「 みようみまね 」だったが、最近は色々とわかってきた気がする。
自作暦2年で2作品だが、実験にかけた時間は膨大。
まだまだ経験を積まねば、とも思うが、ここらで解ってきた事を書いてみます。
グラフは大まかなもので、ニュアンスでとらえてください。
内容に間違いがあれば、ご遠慮なくご指摘ください。
●クロスオーバーとは特定の周波数帯域を分割するフィルターのこと。
フルレンジ1本では難しい、超低域から超高域をカバーする為に複数のユニットを使います。
大きな特徴は「 ワイドレンジ 」でしょうか。
私の目指す特徴は、ズバリ中域・「 ボーカル 」の質感と「 バランス 」です。
おもに張り出し具合クリアー加減。そこにネットワークの奥深さがあります。
ここでは、2way(ウーハーとツイーターの2個)のネットワークを基準にしていきます。
●材料はコイル、コンデンサー、抵抗を使います。
コンデンサー(電解)と抵抗は1個100円位、コイルは300円位の物で十分。
コンデンサーの質については二の次で、まずは特性を知る事が大事です。
基盤や木のベースに取り付けるのも後からで十分。
気軽にやりましょう!
●この他に18dB・24dB/octがあり、スロープの角度が急になっていきます。
●ウーハーだけではなく、フルレンジで試す事もできます。
6dB/octの良い所は、自然で聞きやすい音。
悪い所は、ハモリというか重なりが多いので雑身が感じる。ボーカルまわりの音が多くなる為、ボーカルは薄く味気ない。
12dB/octの良い所は、濃厚で深みがでる事。ボーカルまわりの音が少ない為、輪郭がクッキリシャープになる。
悪い所は、よけいな音が無い為、中域に響きが生じてしまう。これはカットする場所にもよるが、エンクロージュア自体の響きとは別もの。
エンクロージュアが響く素材で、さらに中域を響かせてしまうと、中域スピーカーになりかねない。
最終的に、どれくらい響かせるのもカギとなる。
響きにかんしては好みの問題だが、メーカー製スピーカーのほとんどは、12dB/octである。
●気持ちいい低音がでるメーカー製スピーカーは、能率が低いです。
●私は、ついA大音量で合わせてしまうが、小音量にした時、こもってしまう。
ここは聴くポジションによっても変わってくるので、難しい。
普段聴く音量を、少し下げた程度でいいのではないでしょうか。
小音量で再生した場合、バスレフだろうが密閉だろうが、たいして変わらなく聞こえてきますが、高域の具合をみるには、解りやすくなります。

固定式アッテネーターは@だけでも大丈夫。
可変式アッテネーターは便利だが、上げ下げする幅を狭めてやり、安全マージンをとったほうがいいだろう。
メーカー製で「 ぜんぜん音が変わらないよ 」ってものありますよね。
そんな感じです。
●これもカットする場所により、変わってきます。
ディッピングフィルターはフルレンジにも有効なので、試してみてはいかがでしょう。
●よく高級スピーカーなどで、静粛性があるとか、分解能力が高い
なんて言われているものは、このへんをきちんとやっているのでは?と思う。
グラフで
赤いほう(20cm)は、より低い位置での山があるが、
50Hz〜100Hzでピークのある
青(13cm)の方が聴感上、気持ちいい低音が聞こえるのでは?
JBLの4312等、ウーハーがスルーで、ソースによっては凄く耳障りな音を発する事ってありませんか?
そんな時は↑です。
コイルでカットしてもいいがその場合、せっかくの「 JBLらしさ 」がなくなってしまいます。
●上のサインスイープF特測定は、PA用スピーカーで野外用に調整されたもの。
見事なフラットですね。
野外用という事だけあり、外で聴いたら聞きやすく抜群。
だが部屋に持ち込み聴いてみると、とにかくうるさい。あれだけドスドス聞こえていた低音も、量感がなくなってしまった。
室内の場合、30畳位ある部屋で、離れて聴くにはいいと思います。
よくこのスピーカー(フルレンジ)フラットです!最高!みたいな文句をみかけるが、何をもっていいと言ってるのか私にはわかりませんが、フラットかどうかも危ういです。
中・低域に関してはフラットでもいいと思います。
●中域がじゃまして低音が聞こえにくくなる場合があります。
そんな時は、1Kや1.5Kでズバッとカットしてやるのがベスト。
その場合、下が出るツイーター必要で、中域はツイーターの能力がとわれてきます。
ツイーターの種類によっては、あまり下まで出してしまうと、残響音・エコーのような音が強くなってしまう場合もあります。
それを倍音成分としてとらえる、という考え方もありますが。
低い位置でのクロスは、16cmや20cmなどの大口径ウーハーには特に有効。
4Kカットは厚いボーカルにできますが、ツイーターを2、3Kでカットしたり、能率が高いと
だいなしになってしまう。
●ネットワークって何?くらいに思っていた最初の頃
カタログにクロスオーバー周波数3Kとあれば、ウーハーもツイーターも3Kでカットするものだと思っていた。
だが、知識もつき、私の教科書であるメーカー製スピーカーを数多くメンテしていると
少しあけてカットしてる事実が判明。
3Kなら、ツイーターは3KHz〜3.5KHz位。ウーハーは500Hz〜2KHz位。
もう一つ、
例えば、ウーハーの3Kカットが、フォステクスなどのデータシートで
コイル1mH・コンデンサー10μFが定数だとすると、メーカー製スピーカーは
コイル1mHにコンデンサー15μFとか、コイル0.7mH・コンデンサー10μFとか
データーシートには、あてはまらない組み合わせがほとんど。
なので私も、データシートはあくまでも目安にしている。

TWのコンデンサーは通常より小さい、WFのコンデンサーは大きい、とか
抵抗が沢山付いている、なんていうのもメーカー製ネットワークの特徴。

こんなのが解り、自分の自作スピーカーと、メーカー製スピーカーの差が縮まってきました。
●つながりはさほど気にする必要はありませんが、中域特性は、カットする場所で大きく変わります。
ツイーターの能率を上げてやったり、フルレンジと聞き比べすれば、解りやすくなりますよ。
逆に2K〜4K辺りに嫌味なピークがある場合、少し離してやると奥行きがでてきます。
●ここで言うバランスとは私の好みであり、高音〜低音まで気持ちよく聞こえる音、
おおまかですが、高域4:6低域くらい。
それを冒頭におくと、メーカー製はSP、バランスのいいスピーカーは少ないです。
SX-V1の中域は、ちょっと特殊で珍しい。
バランスを取るのは難しいですが、自分でネットワークを作るからこそできる技でもあります。
何か基準になるいいスピーカーがあると、合わせやすいですよ。
●図のように、リスニングポジションの違いで、聞こえ方も大きく変わってきます。
普段聴く位置にセットし、嫌味が無く気持ちいいと感じる位が、いいのではないでしょうか。
私は左上の低音・腹直が好きですが(^^;

それと「 耳慣れ 」とは怖いもので、普段シャリシャリしたスピーカーを聴いていると、どんなにバランスの良いスピーカーを聴いても、一瞬こもって聞こえたりもします。逆も、もちろんあります。
私がメーカー製スピーカーの聞き比べをする時は、最低でも四種類は同時に試しています。
スタジオでも何個か違うSPが置いてありますよね。そんな具合です。
●コンデンサーと抵抗は、安くて気軽に使えるが、コイルは中々そうもいきませんよね。
私は、10個セットの安いコイル(0.5mH)を買えたので、それをほどいて0.1〜0.4mHのものを作り、試してます。
ツイーターはシビアなセッティングが要求されます。
ワンポイントテクニックであるように、私は電解コンデンサーの方がヌケが良く感じますが、最初から種類にこだわる必要はありません。
しいてあげるなら、抵抗は無誘導のいい物を使ったほうが、効果的です。
●さて、なんとなく意味を理解してきた所で、実際に作ってみましょう!

↑のオススメは、普通の考え(定義)ではやらないような事を、あえてのせました。
ネットワークの、奥深さが体感できると思います。
インピーダンス補正用のコンデンサーは6.8μF・12μF・22μFで調整してください。
ツイーターのエネルギーがなくなる場合は、つけないほうがいいです。
ツイーター、コイルを0.3mHにして、6.8μFのコンデンサーを抵抗とコイルの間にたし、18dB/octにしても深みがでておもしろいです。
抵抗やツイーターはシビアなので、色々試してください。

抵抗とコンデンサーは、表記の数字よりも、実測値が高いものがほとんどです。
2Ω→実測2.6Ω、3Ω→実測3.5Ω。3.0が欲しいときは苦労しました。
0.5Ω表記が、実測2.2Ω!なんて物もありました(^^;

なぜネットワークにこだわるのか?
私はボーカルの質感が、ガラッと変わる所に魅力を感じてます。
どんなにすばらしいユニットでも、ネットワークがダメなら、安っぽい音になってしまいます。
逆に安いユニットはそれなりですが、ここをビシッと決めてやれば
すばらしい音に変わるのも事実です。
それだけ、ネットワークを重要視していいのでは?と思ってます。
まずは、お手持ちのメーカー製スピーカーに、自作ネットワークを試すのもいいでしょう。
「 データシート 」はあくまでも目安で、それにとらわれる必要はまったくありません。おもしろ味も、なくなります。

ネットワークで変化のでやすい中域。
特に男性ボーカルや、女性の低くなる瞬間の声、なんというか演歌のコブシみたいな音。
そんな所を、力強く出すのに、今でも苦労しています。
●最後に。
吸音材は全体音のまとまりに、大きな役割をもたらします。
タップリ入れると高域が吸われ、中域が響くようになります。
ここもやはりバランスが大事ですが。
適度な響きは、音楽を聴く上で心地良さをもたらしてくれます。
響きすぎや、まったく響かない音は、気持ち悪く感じてしまいがちです。
オーケストラやピアノなどで、響きすぎて気持ち悪い時は、吸音材を全部取っ払ってください。
クラシック愛用の人は、音質よりも演奏にこだわる人が多そうですけどね。
密閉スピーカーで、ギュウAに詰った吸音材を全て取り除いてみると、解りやすいですよ。

無垢やフィンランドバーチなどの高級な材料は、響きがいいとありますが、
三分の一以下で買える、安いコンパネ(合板)やパーチクルボード、チューニングしだいでは、それら以上の綺麗な響きを出す事も可能です。
あなたならどちらをお使いになりますか?私は言うまでもありませんが(笑

   ・・・ ・・・・・・・・・・・・・・