●ヴァリアスクラフトが波動スピーカー作ってみた!! I
という題材どおり、今回は話題?(遅すぎ?(^^;)の自作波動スピーカーのご紹介です。 
I

スピーカーを作る時、響き(鳴き)や強度はとても重要です。 I
私は数多くのメーカー製を聴いてみて、ビクター・SX-V1とケンウッド・LSF-777の I
剛性がとても高い”フロントバッフル ”に感銘しました。 I

そんな流れで「
VCC 」が誕生したわけですが、 I
今回の波動スピーカーはまったくの「 真逆 」、箱を「 鳴らす(鳴ってしまう) 」性質で、 I
薄いベニヤ箱と同じような特性です。 I
そして実際のところ「
音はいいのか??? I
という様々な疑問にかられながら、制作を進めていくこととなりました。 I
ポイントはやはり”補強 ”でした。そんなところで、どうぞご覧ください。 I
●まずは肝心の素材から。
こちらはホームセンターなどで売ってる I
ボイド管
呼ばれる紙筒です。 I
トイレットペーパーの芯、それの大型版と思っていいでしょう。 I
写真の物は直径200mmで厚みが約8mm。 I
8mmあるので、子供が乗っても大丈夫なほどの硬さですが、 I
振動や湿気にはすごく弱そうです。 I

塩ビ管に比べ、響き感、エコー感がやや少ない I
と言ったところでしょうか。 I
●φ150はなんとか垂直に切れるのだが、 I
φ200の場合一気に難関となりました。 I


外側には10cm単位でガイドライン(青)があり、 I
いちいち線を引くような手間はかかりません。 I
そして材質は”紙 ”なので、ザクザクと I
わりと簡単に切れました。 I

こちらは北海紙管というもので、他に神戸がありました。 I
神戸は表面がつるっとしているので仕上がりが良さそうだと I
感じましたが、線の印刷がずれていたので I
こちらの北海をチョイスしました。 I
●次は切り口の凸凹を平らにならします。
これも直径が大きいので、 I
写真のような原始的な方法を取りました。 I
何かいい方法ないですかね。 I
●切り口が綺麗になってきました。
トイレットペーパーと同じ紙を何層にも重ねた構造なので、 I
油断するとボロボロになってくる。 I

そこで切り口を固めてみました。 I
木工用ボンドとか、革用、紙用なんかは柔らかいので× I
鉄、ガラス用など固い接着剤を使う必要があります。 I
エポキシが◎ I
●表面をならしていると
こんな事もチラホラでてきます。 I
これ、つい引っ張って剥がしたくなるが、 I
それやると余計ひどくなってしまいます(内部も同じ)。 I
だから丁寧にやる必要がありますが、 I
正直めんどうな作業です。 I
●お次はこれ。
一番の問題と感じていた”段差 ” I
コンマ2mm程度ですが、薄いツキ板だと I
表面が凸凹とかっこ悪くなってしまう。 I

オリジナルを気にして見ると、 I
うっすらと線が見えてますね。 I
●今回は初制作なので、中央ポートと
両端(Fバッフルポート)と、2種類制作しました。 I

こちらは中央ポート。 I
バッフルポートに比べると、3倍くらい手間がかかりました。 I
●外側の凸凹段差をある程度削ったあと、
ツキ板をはりました。 I

直線ではない筒状なので、ツキ板貼りにも神経使います。 I
粘着シートとかの方が簡単でいいかもしれません。 I

壁紙や革など、厚みのある柔らい素材だと I
凸凹が目立ちにくくなりそうです。 I
ただツキ板の質感はやはりいいもので落ち着きがあります。 I
次このまま塗装に入ります。 I
●塗装はオスモを使いました。
塗装がしっかり乾いたあと、最後の仕上げに入ります。 I

ターミナルは小さいものを付けました。 I
好みのデザインですと、 I
フラットに”埋め込みたい ”くらいです。 I
●ケーブルはオーディオテクニカの三層構造
AT6S27 (デッドストック)をチョイスしました。 I
一つの箱に2(左右)つのユニットが同居するので、 I
相互干渉し難いものを選んでみました。 I
わりとグレードのいいケーブルです。 I
●本体が完成したら、バッフルを取り付けます。
右は200で左は150(実寸は198と148)。 I

性質を知る為、最初に仮組し I
適当にて鳴らしてみた。 I
すると I
なんだこの変な音は!! 」 I

という感じでがっかりどころか、焦りさえ感じたほどです(^^; I
段ボールとか薄いベニヤ箱とか、そんな鳴きの酷い I
スピーカーに似た性質です。 I
ボイド管+12mmの板(バッフル)で I
重さ200gくらいかな? I
こんなに軽くちゃ、あたりまえかもしれませんね。 I
スピーカーとして使えるレベルには I
達してないと感じました。 I
●そこで”VCC ”の登場です。 I
これで不快な振動もだいぶ軽減されるはずです。 I

ただしこちらは、バッフル面が狭いので施工が大変でした。 I
このあとさらに盛ってきます。 I

VCCとは? I
セメントを使い振動を制御させる、オリジナルの装置です。 I

【 振動 】  
vibration
【 制御 】  
control
【 セメント】  
cement
●さらに補強をどんどん加えていきます。
そのひとつがこれ I
魂柱 ”(こんちゅう)です。 I

凄い名前ですよね、魂の柱。 I
魂柱は
バイオリンなどの弦楽器に装着された装置で、 I
振動をまんべんなく伝える(分散させる)装置です。 I

このスピーカーの場合、かなり有効でしょう。 I
振動もそうですが、これ紙なんで I
”湿気 ”もやばそうですよね。 I
内部塗装などの処理をほどこします。 I
ほんとはエポキシでも塗りたいところだが、 I
おいおいテストしていこうと思ってます。 I
セッティングにはかなり時間がかかりました。 I
●最後はパーツの仕上げです。
こちらは専用の台・ベース。 I
●こんな感じで組み合わせます。
こちらのサイト様を参考にさせて頂きました。 I
図面の書き方がプロですね。 I
●小さいターミナルをチョイスした理由がこれ。
隙間に収め、シンプルに見せたいと思いました。 I
●これはとりあえずの壁や天井吊るし用。
●こんな感じで使えるようにしました。

普通に作ったら1kgにも満たない(ユニット別) I
軽々なスピーカーで、床に置いて鳴らすと I
振動で動き回ります。 I

今回はVCCや補強を施し、約3.5kgほどになりました。 I
オリジナルはおもりでも入れてるんですかね? I

そしてようやく
●完成!!!

さっそくインプレ、まずは一言 I
思ったより広がらないなぁ 」 
I

メーカーの説明を読むと、部屋いっぱいに音が広がるようなノリだったので、 I
そんな感じを想像していたが、期待ほどではなかったです。 I
セッティング(置き場所)が重要になってくるのかもしれませんね。 I

VCCや補強、内部セッティングをおこなったので、普通のスピーカーと同じよう普通に聴ける音、 I
不快感、違和感を感じなくなりました。 I
マイナスから普通になったということで、特別良くなったわけではわりません。 I
このあたりは、さらなる改良が必要そうですね。 I

波動スピーカーの一番の特徴は、やはりその見た目(デザイン)であり、 I
ヨシ9だったか?と同じよう、音を聴いてみたいという衝動にかられるスピーカーです。 I
それだけ魅力のあるスピーカーと言えそうですね。 I
ですが普通にボイド管で作った場合、期待すればするほど、がっかりしてしまうかもしれません。 I
それだけ、色々なテクニックも必要ということです。 I

ただ作る人がめちゃくちゃ多いことから、魅力あふれるスピーカーといえ、設計者は褒め称えられる存在でしょうね。 I
 今回は
ヴァリアスクラフトが波動スピーカー作ってみた!! というテーマの元に始まりました。 I
最初は簡単に作れそうと思っていたが、以外や以外、わりとめんどうな作業でした。 I
制作の進行中、塩ビ管と紙筒どっちがいい?なんて事も考えてました。 I
結局のところ、どんなスピーカーでも、いい音・気持ちいい音を出せるようになるのが、 I
自作の醍醐味でもあります。 I


最後に。 I
昔は能書きばかりが先行してましたがw、経験を積めば積むほどシンプルへと変わっていきました。 I
シンプル イズ ベストかもしれませんね。 I
波動スピーカー、反射、音場、ワイドレンジなどなど、良音を求めるにはさらなる改良が必要となりそうです。 I
今後は色々なユニットを装着し、これに合うユニットなどテストしていこうと思っております。 I
それだけ魅力あるスピーカーなので、セッティングなど極めてみたいものです。 
I
次回は未定ですが、お楽しみにお待ちください♪ I

自作波動(仮) 2013年
メーカー解説:
方式 1ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式
使用ユニット 8cm〜12cmのフルレンジ
再生周波数帯域
インピーダンス
出力音圧
クロスオーバー周波数
外形寸法 400幅×200高さ(φ200) 
重量 約3.5kg(箱のみ)

      ・・・        ・・・・・