●9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いてまおりすね。 U
気温は高くても耐えられますが、湿度が70%近いとべたべたしてほんとつらいです。 U
秋とさんまが待ち遠しい季節になりました。 U

 さて、だいぶ前から4311と4301のフルカスタムをおこなっているのですが、 U
台風と塗装の時期がぶつかり、なかなか進まない状況が続いておりました。 U
そこで今回は、先に仕上がった「
畳・カーペット用、スピーカースタンド 」と U
ハイエンドスピーカー、ビクターSX-900 スコーカー修理の模様をお送りします。
 U
●塗装がほぼ終わった4311と4301
写真でわかりますかね、ユニットの取り付け位置の変更などなど、フルカスタムのお品です。
製作はけっこう大変でした。

塗装は終わりましたがまだ乾燥中なので、
完成まであと1歩と言ったところです。

←4311はシンメトリーなんですよ。
●実は4311と同時に台の製作もおこなってました。
UPするのは4311が完成してからと思ってましたが、先に完成したので紹介する事にします。

まずは材料の選択
←これは「 サーモウッド 」という特殊加工された素材で、フィンランドで開発されたものです。
 これを見たとき「
おっ!?ウォールナットに似てるな!
というのが第一印象で、いつか使いたいと思っていました。

 安価なホワイトウッド(SPF)や松、杉に比べると3〜4倍、少し値のはるレッドシダーの2倍ほどの値がします。
ちょっと高いですよね。
●でも無垢なんです。
本音を言えばウォールナットの無垢が理想ですが、このような無垢の角材はまず見つからず、あってもかなりの高額になりそうです。
見た目だけの事を考えると、合板で作りツキ板で仕上げるという事も考えましたが、やはり台は無垢で作りたい!が心情です。だから材料が無くて中々作る機会がありませんでしたが、これ・サーモウッドを見つけたので早速製作に至りました。
やはり無垢は良いですね。
天然木なので、
節の少ないものを選びました。
●白木などを表面加工した材料は多々ありますが、これは内部まで色が付いてるのが特徴です。
最初に見たとき、「
この色は表面だけだろ? 」と思ったので、わざわざ短いのを購入し、切って確認したほどです。
すると「
中まで色が付いてるよ! 」と感動し即決しました。
←削りカスの色もウォールナットと酷似しています。
●ただし似ていてもウォールナットではありません。
そこでよりウォールナットに近づくよう、オイルやステインなどを駆使しテストしていきました。
 そうそうこれ削っていると、なんと香木なみに
めちゃくちゃ甘い香り 」が漂ってきました。
何と言いますか、ブランデーが入れられていた樽でしょうか、チョコレートのようなおいしそうな香りが漂うので、思わずかじってしまいそうでした(笑
●次に使う素材はこちら。
これはよくTV台や棚などに使われる「
メラミン化粧板といわれているものです。
最初はMDFを考えていましたが、
とにかく「 ソリの無いフラットな板 」を探していたところ、これにいきつきました。

●このメラミンボードは白や黒、薄茶が一般的で多いのですが、こちらは黒に近いこげ茶で、木目もしっかり付いたものです。
塗料で言うとエボニーといった感じでしょうか。
見た目の質感も中々です。
●中はこんな感じ。
中央の桐をMDFでサンドイッチし、圧力をかけたものです。
材料は桐以外もあるようですが、MDFより軽いのがやや気になります。
 MDFは18mmや21mmあたりを2枚重ねにすると、ズッシリした重量感が出ます。ただしものによっては、若干ソリが出てる場合もあるので、完全加工されたメラミンにしました。
フラット感は◎です。
←切り口は小口テープを貼り、面取り処理をおこないます。
●変わりまして、こちらはビクターの「 SX-900 」という
高級機になります。
密閉+アルニコという構成で、音が良さそうな雰囲気ですね。

今回このユニットから「
ビビリ音 」がするという事で修理のご依頼をうけました。
通常はこの手のタイプ(日本製)の修理は受けてないのですが、お世話になった御方からということだったので、気持ちよく引き受けさせていただきました。
●ただし全部を送られると大変なので、修理の必要なユニット、スコーカーだけを送って頂きました。
上の写真の真ん中にあるもので、写真ではわかりにくいですが、かなり大きくて重いです。
15cmユニットくらいはありそうですかね。
●横から見ると、完全に形がアルニコですね。
アルミフレームといい、凄く堅牢な作りです。

写真にあるマスキングテープ(黄色)部分は、元々ブチルゴムが貼ってあり、ベタベタとひっついて作業性が悪いので巻きました。
●まずはネットを外します。
日本製なのでガッチリ装着してありました。
この網は通常外せないので、汚れが溜まるのが難点ですね。

でっかいドームだなー。中央の黒いドームは6.5cmもありました。固い素材で、けっこう重みもあります。
表面が鏡面仕上げなので、色々と写ってしまいます(^^;
●六角レンチ折れるんじゃね。
というくらいがっちり固着してましたが、なんとか無事に外れました。
錆も無く綺麗ですね。
ヨーク(中央部分)のズレも無いようです。
それにしても穴あきヨークなどなど、精巧な作りです。
●こちらはカバーとドーム(+コイル)部分。
目視すると若干中央からずれていたので、まずは一度分解し、中央に再セット、組みなおしました。

その後テストしましたが、まだ
ビビリは直りません。
●ばらしたときエッジが怪しいな?と感じたとおり
ビビリの原因はこの「
エッジ 」にありました。

8cmのフルレンジくらいはある大きさでストローク量も多く、布エッジにダンプ剤が塗られた仕上げです。
この布エッジが経年劣化により変形し、傾いたのが原因でした。
ドームが重いという要因もありそうです。
●一般的な不具合はこんな感じが多い。
 凸(ヨーク自体)のズレにより、コイルに接触してしまいます。
今回の原因はこれ。
これはエッジの変形でおこるものですが、へたな人がエッジの張替えをやると、こうなる事も多いです。

↑のズレは位置を修正すれば直りますが、傾きの場合はクリアランスがほとんど無くすぐに当たるので、修正も難しくなります。
●まずはエッジのダンプ剤を落とします。
次にドームが水平(フラット)になるよう、エッジの変形ヶ所を丹念に修正していきます。
そして最後はテスト。テストテストの繰り返し。

 この手の修理は、ドームの位置をずらす程度がほとんどだと思いますが、それだとまたビビリが出る恐れがあります。
私は原因であるエッジそのものを修復してるので、少しは安心できるはずです。
とにかく忍耐力の必要な作業でした。
●修理完了です。
クリーニングはもちろん、少し出ていた錆を軽く磨いたり、剥げた網を塗装(両方)するなど、隅々まで手を入れました。
私が修理をするときは、「
必ず、壊れてない方もお預かり 」し、バランスを診ていきます。
 今回はエッジの補修だったので、壊れてない方も一応対策を施しておきました。
片方だけを調整し、もう片方は何もしないとバランスが崩れる恐れがあります。特に私の場合は修理だけではなく、
良い音が出るようにも調整もしますので。スピーカーはペアで1組、2本分の作業ですが、いただく料金が1本分なのが泣き所です。
●最後に網を装着し完成!
フルレンジのように分厚く、かつクリアーな声の出る優秀なスコーカーです。音質はもちろん、見た目も新品のように復活できたと思います。
ただし原因が原因だけに、今後再発しないとは言い切れないので、再調整しやすい方法で組み上げました。

たぶん他のSX-900でも、同じ症状が出てる物がありそうなので、参考になればと絵付きでUPしました。
●さてさて、台の製作に戻ります。

これは表面を丹念に処理し、自家配合の蜜蝋などで仕上げた状態です。
ほぼ乾燥しており、1ヶ月くらいかかりました。
さらに良い質感になったと思います。
甘い香りは鼻を近づけると感じる程度で、だいぶ落ち着きました。
白木の塗装では、こんな雰囲気は出せませんよね。
この面だけ見れば、詳しい人でもウォールナットと間違えるかもしれない、といったレベルです。
●完成した足をベースの台に固定。
●本体に触れる接触面(断面)は、傷防止のために硬質のフェルトを貼りました。
私はスピーカーを移動させる機会も多いので、よく底面に弱粘着で貼ってますが、フェルトを貼るとだいぶ気が楽になります。
●そして完成!

 畳やカーペットにブロックを置くのは気が引けるな〜
跡も付くしなー・・・。などなど
台ってわりと簡素にしてる場合が多いですよね。
そこで面で圧を伝えるフラットベースの採用により

 「
畳・カーペット用 」、4311専用台が完成しました!

もちろんフローリングでもOKです。
●ひっくり返して使う事もできます。
●サイズ。
一般的な3wayの場合、本体が大きいので台は20cm以下が多いですが、4311という微妙な大きさという事もあり、
若干高めの「 26cm 」にしてみました。
写真でも感じられるよう、バランスもGOODです。
●台は今までに何台か作りましたが、いつも完成したとき U
 「 う〜ん、想像してたよりかっこ悪いな・・・ 」という印象が、正直多かったです(^^; U
ですが今回はけっこう良い雰囲気で仕上がりました。きっと素材が肝なんでしょうね。 U
 ウォールナットの4311が近くに無く、合わせたものを見せられないのが残念ですが、 U
フィーリングは確認済みなのでバッチリです。 U
もちろんグレーや黒でも、写真のようバッチリ合います。 U

最後に。
最初は、構造がシンプルだから製作も簡単だろう?と思っていたところ、 U
逆にミリ単位でもずれると気になってくるなど、けっこう神経の使う作業でした。 U

 見た目の雰囲気も良く、畳やじゅうたんでも気兼ねなく使える。 U
そんな4311の台を待ち望んでいた方も多そうです。 U
天然木なので、木目の違いや節の有る無しなど、良し悪しに差が出るのが難点ですが、 U
良い素材があれば、すぐに確保していきたいほどの材料です。 U
ただ現場で全ての板を並べ、何時間も見比べている私は、きっといい迷惑でしょうね(笑 U

 構造に関して、JBLのモニター系は低域が締まっているので、個人的には低域が豊かになる U
3点止めにしたかった、という気持ちもあります。 U
ただ完成してみると、4点止めは何か妙な安心感があるので、こちらのほうが良いのかもしれません。 U
これでまたひとつ、オーディオライフが楽しくなりそうです。 U

次回、スーパーB、スーパーBと何回書いた事か(笑 ↑上の箱U
    スーパーBとは何?と不思議がっていた方も多いと思いますが、 U
    ようやく完成間近になりました。お楽しみにお待ちください♪ U

JBL 431系専用台 2016年 
メーカー解説:素材と質感にこだわって製作しました。
方式 4点式
外形寸法 幅362×高さ260×奥行299mm
重量 約3kg

贈り物に amazon、スイーツ、ギフト特集

    ・・・ 
ページ11へ