●今回はお初となる、JBL4401のご紹介です。 
プロ用と家庭用を分けるなど、とにかくラインナップの多いJBLですが、 

4401はプロ用の中でもかなり小さな作りで、J216PROと同じくらい、4312Mを少し大きくした程のサイズです。 
ただ小さいと言ってもアメリカンサイズなので、日本製に多く見られる中型機くらいでしょうか。 
発売は日本のオーディオ黄金期の1982年だけに、否応なく期待が高まります。 
さらに今回は、オンリーワン「 日本に一台しかない特別な4401 」を作って欲しいとのご依頼品です。 
そんなところでさっそくいってみましょう! 
見た目はオールドJBLの雰囲気たっぷりの4401。
あまり見慣れないユニットが装着されてます。

調べてみると同年代に4411という一回り大きい3wayがありました。
他にも44シリーズは沢山あり、関連性がよくわかりませんが、大きいホーンの4425はわりと有名ですよね。
●パッと見インパクトが強いのがアッテネーターのつまみ。
サランネットを装着したままでも調整可能な作りになっており、ネットを外すと異様に長く感じます。
●4301と並べてみました。
いかに小さいかが感じられるでしょうか。
●さて、通常の4401はウレタンエッジで朽ちてるはずですが、これはエッジが交換されてるようです。
このエッジ、たまに聞くシリコンなんたらの自作エッジのようで、布にシリコンシーラントを塗って作られた物のようです。素材感や動作は、メーカー製に多くある布エッジではなく、完全にゴムエッジです。
接着にはシリコンを大量に使っており雑な感じが見受けます。エッジは全体的に硬めで、指で押すと硬い所と柔らかい所のムラが激しい。
手塗り(筆塗り)なんでしょう。
最初に見た時からエッジは剥がそうと思っていたのですが、やたらベッタリ付けられているので、無理やり剥がすとコーンが破れます。プラコーンならよかったのですが・・・

とりあえずエッジの交換は保留で、まずはできるだけ均等にしようと思ったが、シリコンなので溶けません。厚くて固い所を削る地道な作業の繰り返しです・・・
ふぅ〜
そして最後、ダメ押しの症状が・・・・

●とりあえずユニットを外します。
4401はツィーターにウーファーが被っており、ウーファーを先に外さないとツィーターが外せない構造です。
そしてウーファーを外してみると

 汚っ、そうじすらしないのかよ。

ほんとヤフオクで修理して売ってる物はろくなものがない。
●気を取り直して進める事にします。
まずは朽ちたエッジを一つ一つ取り除きました。
綺麗になった吸音材をずらすと、ネットワークが現れました。
なにやら深みのありそうなパーツ構成で、パッと見4313に似た雰囲気です。


●ウーファー
エッジの状態を確認したいので、裸の状態で音量を徐々に上げていくと、何やらビリビリしはじめました。
外して見た瞬間嫌な予感がしてたのですが、落としたのか?ご覧のようボンド(G17)がベッタリで、マグネットのズレを補強?したような形跡があります・・・・
 分解すると案の定、センター(ヨーク)がずれてました。
直すのは問題ありません。ただ他人がべたべたやったものを、もう一度綺麗にやり直すのは気分的にいいものではありません。

 和紙に油性接着剤で何かを貼り、それを剥がす事を想像してみてください。綺麗に剥がれるでしょうか?
これは安易にエッジを剥がすとコーンにダメージがいくので悩みます。
4301などもそういうの(ボンド大量)が多いんですけどね。
●ツィーター
●錆が出てますが、手付かずなのが逆に○
●網を外すと、錆でネジがこんもりしています。
これくらいの錆になると、多少フレームまでいってますが、たいした問題ではありません。

ドームは4313と作りが似てる。
ちなみにツィーターのネジは全てがインチサイズなので、mmではなくインチサイズの六角が必要になります。
●ツィーターをカバーする網は、中が見え難いほど目が細かいものでした。
実物はパッと見綺麗に見えますが、実はけっこう汚れてます。
右がクリーニング後。
●ネットワークを外しました。
パーツ点数が多く、一見 18dB/oct かと思いましたがそうではなく、複雑な構成でした。

大中小のコイル■は
サイズから大2.0、中1.0、小0.3mHくらいに見えますが、
実は大2.0、中1.0、小1.8でした(値は例です)。


ターミナルはJBLでよく見るプッシュタイプです。
●さっそくフルチューンしました。
同じ値の物をてきとうに交換するのではなく、どの部品がどの役目かをきちんと把握したうえで交換してます。
それを理解すれば、出音のフィーリングや独立配線で繋ぎ直すなどの効率化も、簡単にできるようになります。
●今回はターミナルの取り付け板を青にしてみました。
←セルリアンブルー

●そしてフロントバッフルも同じ青に。



 サーフィンをこよなく愛するオーナー様より
フロントバッフルは青で、全体を枯れた感じの
風味にして欲しいとの要望がありました。
そこで今回は、晴れ渡る青空の下
   透き通るような綺麗な海を想像し

 「 セルリアンブルー 」をほんの少し混ぜ、
                海の雰囲気を再現。
そしていつもは細目の表面処理ですが
  今回は若干荒い中目にし

 「 海面の波打つ感じ 」を表現してみました。


 最後に全体を艶消しでコートし、箱の完成です。
TVの劇的ビフォーアフターと同じよう、オーナー様の事を考えながら製作しています。
ただ勝手に想像を膨らませているので、気に入って頂けるか最後まで不安でもあります。
●そして全パーツが完成しました。

箱の小傷や角の潰れなどすべて補修しました。
やや剥がれやすいツキ板も補修しております。
●ユニットのオーバーホール
ウーファーエッジは交換せず、できる限り均等になるよう調整しました。
今の所ビビリやざらつきは無くなりました。
コーンは写真でみるより黄ばんでましたので、クリーニング後軽く塗装しました。

ツィーターは錆以外問題ありませんでした。
●最後にユニットを取り付け
●これが
●このように
●背面はこのようになり
●いかがでしょう。白いコーンはブルーバッフルに映えますね! 
たぶん実物を見た人のほとんどは純正だと思うはずです。 
最初は背面も青にしようかと悩みましたが、黒にしてメリハリを付けました。 


ではフルレストア、フルチューンした4401をさっそく音出し
まずは一言 
 「
想像以上に深いな

 最初に鳴らしたときはエッジが固く低音出ず、それどころか聴き疲れする音 
(たぶんビビリが原因)でしたが、今は激変と言えるほど生まれ変わりました。 

 パンチがありつつさらさらと伸びていく高域は、あきらかに廉価版とは違うフィーリング。 
中域・女性ボーカルはJBLにありがちなクリアー質ですが、嫌みな癖の無い聞きやすい音色。 
たった3cm違いなのに4301の半分も出てない低域は、慣らしていくにつれどんどん太くなり 
男性ボーカルやTVの声も、自然な感じに変わっていきました。 
全体のバランスもちょうど良く、鳴らせば鳴らすほど良くなっていくのが感じやすい状態です。 
逆にこれくらいの低域フィールは、長時間聴いていてもまったく疲れなくて心地いいものです。 

総じて。
ネットワーク構造による深みや、質感の良いツィーターは4313によく似たフィーリングで、 
2ランクほど上の感じがするほど、高級感が味わえる音色です。 
もちろんネットワークのフルチューンも効いてると思いますが、 
こういうのが本物の、サイズを越えた音と言えるかもしれません。 

最後に。
 最初にウーファーを見たとき、直感で「 これ、やりたくないなぁー 」というのが本音でしたが、 
ここまでの音が出るようになってくれて結果オーライ、今はやって良かったと思ってます。 

 この4401、日本製の何かに似てる気がするのだが、その何かが浮かんできません。 
古いONKYOの感じかな? 
安易ですが、同サイズの4312MやJ216PROとはレベルの差がはっきりと感じ取れます。 
前回のビクターSX-V05に比べると中型サイズですが、サイズで見ると間違いなくTOPレベルでしょう。 
手付かずの4401を入手して、オリジナルに戻して聴いてみたくなるほどのポテンシャルを持ってました。 
なにわともあれ 
 最後まで心を込めてカスタムしました 

 今ここに「
オンリーワン、特別な存在の4401が誕生しました

あとはオーナー様に気に入ってもらえるよう願うばかりです。

次回、フルカスタム待ちのスーパーBに手をつけ、ヤフオクに出品したいところですが、 
  まだまだ予約品がいっぱいなので、お待たせしないよう、ご依頼品を仕上げてます。 
  次も間があくかもしれませんが、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ♪ 

JBL 4401 1982年 ¥124,000円(ペア)
メーカー解説: JBLのプロ用技術を凝縮して開発されたコンパクトモニタースピーカー。

 低域には17cmウーファーを搭載。
リニアリティを高めたロングボイスコイルやランサプラス塗布によって質量がコントロールされ、
小型ながら低音再生能力を高めています。
 高域には軽量フェノールにアルミ蒸着された硬質ダイアフラムを用いたドーム型トゥイーターを採用。
エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。
また、グリルクロスを装着した状態でレベルコントロールできるデザインとなっています。〜中略〜
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式
使用ユニット 高域用:2.5cmドーム型(034)
低域用:17cmコーン型 (115H)
再生周波数帯域 70Hz〜18000Hz
インピーダンス
出力音圧 88dB/W/m
クロスオーバー周波数 2.5KHz
外形寸法 幅238×高さ375×奥行203mm 約L
重量 8kg

amazon 売れ筋ランキング・BOOK編

    ・・・ 
ページ11へ