今回は初登場となる「 JBL L26 Decade(ディケイド) 」 U
簡単に説明すると、4301を一回り大きくした感じのスペック。 
見た目では箱の大きさとウーファーが20cm→25cmの違いで、どれだけ音色が違うのか? 
といったところです。 

 それとJBLはプロ用と一般用に分けられており、 
4301はプロ用でL19や今回のL26は一般用(民生用)になる。 
どこがどう違うのか、検証しながらメンテナンスしていきたいと思います。 
今回はいつのまにかフルカスタムすることに・・・それではどうぞご覧ください。 
●写真だとぱっと見、4301と似てますが
●実物はこんなにでかかった(^^;

←隣の4311(グレー)と同じくらいの高さ。
幅が少し細い分、だいぶスリムに見えます。
●で4301と並べると・・・
こんなに違いました。
4301が小型に見えますよね。

スペック的には、ウーファーが5cmと
箱が10cm大きくなったものだが、
ウーファーがでかい分、やはり低域を期待しますよね。

ただ4301のアルニコは出過ぎる面もあり、
写真の4301Bでバランスがちょうどいいほどなんです。
←だからL26の25cmで、さらにアルニコ(125A)ときたら、
ブーミー過ぎるのでは?という印象もよぎります。
●わりと大きいので、そーっと寝かせます。
←ちなみにこのエッジはやれてるので交換します。
写真では目立たないが、
コーンに付いた接着剤がめんどくさい(^^;
●続いてユニットを外します。
ツィーターはすんなり外れました(木ネジ)が
ウーファーのネジが・・・1ヶ所空回りします。
少し強引に外してみると
●案の定こんなでした(最初から)。
前所有者はエッジの張替えを業者に頼んだとの事だが、
ユニットは自分で外したんですかね。
←箱はこれ、ネジはギザギザ
きっと外すのに難儀したでしょう。

だからといって、
変なネジを強引に付けるのもどうかと。
こういうのがあるから、他の方が手をつけたものは
極力やりたくないのが心情です。
●このままではしょうがないので補修します。
まずはネジとナット。
←純正と同タイプの爪付きナットと、予備であったネジ用意しました。
●爪付きナットがかろうじて留まるよう、
木枠(裏側)を先に補修します。
その後ナットを取り付け→位置合わせ→パテ埋め
完成となります。

補修した部分は頑丈になるので、他の部分が逆に心配になってきます。
●L26は初期型〜後期型と分けられてるようですね。
←のポート
初期は紙筒なので、こちらは後期になるのでしょうか。
適当にポンと付けられただけのプラスチックポート。
25cmアルニコにパワーかけたら、簡単に鳴きそうな感じです。処理が必要ですね。
●ケーブルと端子
ユニットに装着した後に塗装
 (たぶん絶縁か酸化防止のため)
されたようです。
箱の塗装しかり、何か全体的に小汚く
パッと見「 腐ってる? 」と感じていまします(^^;;
JBLはそういうのが多いんですけどね。
●写真だとわからなかったが(説明なし)
片側のプレートが波打っており、外した跡が残ってます・・・
●で、プレートはすんなり外れましたが、
ご覧のようシワができてました(--;
これ外すのにコツがいるのですが、
私も最初はこんな感じで波打ったので、よくわかります。

アッテネーターの接触が悪く音が途切れるので
たぶん掃除しようと思ったのでしょう。

強固に接着されたプレートを外してみると・・・???
ネジが無い?
のであきらめた、といった感じでしょうか。
このままでも仕方ないので
●ネットワークを外しました。
ご覧のよう接着剤とピン留めで、かなり強力にくっついていたので、外すのが大変でした。
これ普通の人だったらあきらめるレベルですね。
それかブチ壊してしますか。

←しかもこのピン
写真で見えるのが10本程度だが、貫通してないやつなど、
20箇所以上打たれていた始末(笑
作った人はアメリカ人でしょうか。
パワーで強引に打ち付けた感まるだしです(笑
●ネットワーク。簡素な構成です。
このようなくすんだ色のせいもあり、大丈夫かと心配になるほどです。
ですがコイルもコンデンサーも正常でした。

アッテネーターは小型タイプだが、作りはいい物なので交換せずに、分解してクリーニングします。
●このままでは、また強引な取り付けになってしまうので(笑
ネジ止めできるようにします。
問題はプレートが細く、隠れるようなネジ位置にすると
コンデンサーを貫通してしまいます。
なのでいったんコンデンサーを外してから、ネジ穴を決めます。コンデンサーは縦置きにすれば問題ありません。
●さて、ネットワークの穴も決まったところで
箱の補修に入ります。
木目部分に傷は少ないものの、バッフルがよれてるので塗装します。

塗装前のマスキング
←これ、側面とバッフルに小さな段差があるのわかります。
段差自体は問題ないのだが、
小さいので、角が丸まってる部分が所々にあります。
そのままでも目立ちませんが、気になったので補修します。
やってみると意外に数が多く、大変でした。
●マスキング後、表面を平らに均し塗装に入ります。
ここは迷わず、往年の「
JBLブルーへ!
●後期の濃い青ではなく、
JBLといったら、やはり
この青ですよね!

黒は普通の黒(艶消し)でいいので簡単ですが、
この青はなかなかできませんよね。
だから塗装するならと、この色が多いです。

ややターコイズ的な淡い青は、調合するのも難しく
私もパターンと合わせながら入念に調合しています。
あまり艶々させず、高級感のある2部艶ほどで仕上げてます。
バッフルが乾いたら、側の木目に入ります。
ここから約1ヵ月といったところでしょうか。

●こちらネットのフレームで木製です。
変形はしてないものの、凸凹も多いので
ペーパーがけして塗装します。

材質はJBLでおなじみのパーティクルボード。
少し力を入れると粉々になるので、注意しながらの作業になります。なぜか完成後の写真が消えていた(^^;

 
NEXT↓

   ・・・