●オーディオマニアなら誰でも知ってる Rogers LS3/5a !!!

後期型のバイワイヤ仕様のものや、KEFバージョンもありますが
やっぱ憧れるのはロジャースの初期型でしょう!と、かってに思ってます。
音質の違いはそれほどなさそうですがね。

それにしても、30年程経っているとは思えないほど程度がいい。
ですがやはり機械物。新品とはいきませんが、それなりにオーバーホールしてみます。

*これは私の所有ではなく依頼品の為、所々にモザイクかけてますm(_ _)m
●まず左右のバランスなどをチェック。大きな傷はありませんが、エンクロージュアやターミナルがくすんでます。
●ユニットを外します。ウーハーは見てのとおりフロントバッフル内側よりネジ止めで固定されている。
なのでまず、バッフル全体を外します。
ネジがとにかく硬い。小型電動ドライバー程度では外せないほど。
もちろん手動でも厳しく、すぐにねじ山をなめそうな感じです。
高トルクのドリルドライバーを使い、強く押しながら一気にはずします。
●計8本。思っていたよりもサビの進行が少ないです。
●年代物、外国の空気が満喫できるのか?www
で、では・・・ 
ご開帳〜
ウぅ。プっ。
鼻を近づけて開けたせいもあるが、すっぱい香りが漂ってきました(>▽<;;www
●ケーブルを外します。スポンジをめくると端子が現れます。
ケーブルが長めなので作業性はいいが、ナットが硬いのでCRC等をかけてからあせらずに外します。
ボケぎみでわかりづらいですが、赤ターミナルが焼けて白ピンクだったので、塗装します。
●ずっしり重いエンクロージュア。内部ですが実にシンプル。
全体にスポンジが貼ってあります。
●スポンジをめくると・・・何か貼ってありました。(4面)
厚さ1cmほどのフェルトのような素材に、樹脂を浸透させ固めたようなもの。
以前KEF104をオーバーホールした時も、こんなものが貼ってありました。
KEFは少しだけ弾力がありましたが(それでも硬め)、これはカチンカチンです。
バスレフと密閉での経年劣化の差でしょうか?
私が自作SPを作る時は、この樹脂のようなものは、絶対にやろうと思うほど魅力的です。
●マニアにはおなじみ?T27 ツイーターです。
癖のある音ですが、これじゃなきゃダメっ!て人もいるのでは?
と思うくらい個性的な音質です。
周りのスポンジはゆるめなので、再接着します。
●ほんとに欲しい!これだけ欲しい!と思えるほど最高な B110 ウーハー。
これは13cmですが20cmもマジ最高。
私の中でNo,1ユニットはビクターのSX-V1アルニコウーハーが群を抜いていましたが、これの登場で・・・
ほんとっ甲乙つけられない。
セルシオとGT-R、コンフォートとスポーツカーの違いというか、
SX-V1はまったりと色気がある。B110は解像度が高くキレがある、という感じかな。
●ナットは全てブルーアルマイト処理が施してありました。
少し白サビが浮いてますが、想像してたより断然綺麗!これならユニットのダメージも少なそう。
程度がいいと、ほんとに作業が楽です^^
右の黄色はHiVi のF5という13cmウーハー。エッジの外周が、ほぼ同サイズ。
F5もキレがあり悪くは無いのですが、聞き比べてしまうと、どぅしてもねぇ〜。。。
●でましたネットワークです! すごいですね〜
実はご開帳wの時、まず度肝を抜かされて目についたのがこのネットワークでした。
2wayでこのサイズに、これだけのネットワークが装着してある日本製ってなさそうです。
せっかくなのでDENONのE717にこのネットワークを付けたところ、ガラっと音質が変化しました。
私は自作SPを作るうえで、エンクロージュアは見た目重視。容量とか気にしません。
仕上げはネットワークでガッツリ決める!
てな感じなので、このネットワーク、おおいに参考になりました!これをいじる気は毛頭おきません。
肝心のチェックを忘れるくらい、見てるだけで時間が過ぎていきますw
コンデンサーの抜けはありませんでした。インピーダンスは15Ω。簡易測定ですが13Ωでした。
まぁ音質に影響が無い項目だと思いますが、職人魂が多いに感じられるしろものです。
●ナットがインチサイズなので、こんなのひっぱり出してきました。
これ知ってる人いるでしょうか?10年以上前に購入した「 メットリンチ 」という工具セットです。
深夜の通販TV。今はあたりまえのように放送されてますが、当初は12チャンだけでした。
今もそうですが、とにかくいろんな物を買ってしまうw 有名なのがモーターアップですかね。
これの特徴はナットの角ではなく、面でとらえる!だからなめる心配が無い!というものです。
昔、マフラーや触媒を交換する際に、これは本当に良く噛み、重宝しました。
●さてエンクロージュアを仕上げていきます。
パッと見わかりづらいですが、触ってみると結構、表面が凸凹しています。
最初触った時、この凸凹をツルツルの平らにしてやりたい、と思いました。
●まず汚れを落とします。年月が経っているので、汚れ落としというより染み抜きです。底面でパッチテスト。
ゴム足を外し、テープ痕もはがします。結構色の違いがありました。
●全体を染み抜きします。
●3日ほど乾燥させてからペーパーがけしました。
あまりやりすぎると目が消えそうで怖いので、ほどほどにします。
次はとのこで、目止めします。
●塗って半乾きのとき、ゴシゴシこすります。
●また何日か乾燥させ、塗装に入ります。
まず木目を際立たせるために、濃い目の塗料で着色します。
が・・・。・・・。逆効果だったたのか?木目が見えにくくなってしまった(〃゚д゚;A
乾けば変わると思っていましたが、目に染み込ませたせいか、さほど変わらない。
あちゃー。。。白かベージュを塗れば良かった・・・と後悔しました。
この一発目が肝心なわけで、底面でテストすれば良かったと・・・完全に私のミスです。
ちょっとこれ以上削りたくないので、なんとか補正する事にします。
●さて・・・。ユニットの仕上げも架橋です。
これはツイーターのカバー。一見サビのように見えますが、ボンドです。目立たなくしました。
●ここはウーハーの穴。ネットを外すと目立つので、同色で仕上げます。
バッフルの極小傷、くすみがあったので再塗装。
各接点を磨きターミナルを装着、フロントバッフルを取り付け
●完成!
●塗装10回くらい、仕上げは2部艶(ほぼつや消し)ウレタンクリアー3回。手触りは真っ平ら。
色は純正風で、少し高級感がでるようにしてみました。上品になりすぎたかもしれません。
直射日光での撮影なので白っぽいですが、実際は落ち着いた色です。
正直、私は納得がいかないので、オーナー様に見てもらってから、やり直したいと思ってます。
機能的にはバッチリ仕上がりました。

さて、気になるインプレですが。
まずなんと言っても
ボーカル(中域)。
質は古い16cmフルレンジや、ラジカセ的ともいえる傾向ですが、
とにかく輪郭が「
ウルトラシャープ 」ボーカルが浮いて聞こえるくらいです。
私の狭い作業部屋で、ラフなセッティングでも定位がビシッと決まります。
ソースによっては、飛び出す感じで臨場感もバツグン。
聞き難いエコー気味のボーカルでも、歌詞がはっきり聞こえます。
高域の伸びは普通で柔らかめ。シャリシャリ感はありません。
低域は密閉という事もあり、重低音は出ませんが、とにかく深い音。
なんと言うか、密閉にありがちな軽い音とは違い、重くて奥行きがある。
ズンドコ鳴りませんが、不快感がまったくありません。
サイズを考えると、十分満足できます。
これをバスレフにしたら想像以上の重低音が出る、気配を感じさせるほどです。
表現が難しいが、とにかく雑身が無く、一音一音各楽器がはっきり聞こえる
高分解能力、高解像度スピーカーといった感じでしょうか。
豪腕なパワーアンプとかで鳴らせば、さらにすごい音がでそう。
まさに、これぞ本物のモニタースピカーと言えるでしょう。
ぶっちゃけ、これを聞いてしまうと、JBLやテンモニは、ほんとにモニター?と思えてしまいますw

最後に。
車のエンジンオーバーホール。バラして清掃、また組み直す。
強化パーツを付けなくても、それだけで十分な力が出せるようになります。
全ての機械物で言える事ですが、
スピーカーは、よく鳴らしてやる事が大事ではないでしょうか。

      ・・・        ・・・・・