●みなさんごぶさたしております。 U
更新が滞ってから、いつのまにかだいぶ月日が流れていましたね。U
ここのところJBLのレストアばかりに追われていました。U
そして久々の更新は、前回のDENON SC-E757 に続き日本製U
KENWOOD(ケンウッド) LS-K1 ヴァリアスクラフト初登場です!U
日本製の中ではダイヤトーンに次いで人気のあるケンウッド。U
その独創性は他のメーカーとは一味違い、音もまた風味豊かなものです。U
ケンウッドはどちらかというとヨーロピアンメーカーを意識したような音作りで、U
他の日本製とは雰囲気の違う音色が、40年前から今でも続いています。U
そんなケンウッドですが、今回の LS-K1 は約10年前、2007年頃に発売U
された機種です。いったいどんな音色が飛び出すのやら、さっそくいってみましょう!
U
●正面と背面
パッと見3wayに見えますが、サイズからしても2wayプラス、スーパーツイーターといったところでしょう。
この時期のDENONも、こういった構成のスピーカーが多く発売されていました。
ちょうど5.1CHとか7.1CHとかが、再ブームしたあたりだったと思います。
●写真だとサイズ感が掴み難いですが、高さ約30cmとかなり小さいスピーカーです。日本製では馴染みのある中型部類ですかね。ビクターSX-V1も同じくらいのサイズです。
この外観はマホガニーでシックに仕上げられてますね。これよりさらに10年前の、1997年に発売されたケンウッドの名器 S270 がぱっと浮かんでくるほど、彷彿させるものがありました。わりと高級感のあるスタイルです。
●前回DENON SC-E757スーパーフルチューンと同様のチューンを施した、TEAC S300NEO を並べてみました。300NEOは当時のTEAC Sシリーズの復刻版にあたりますが、小さいけど以外にぷっくりして大きめのBODYです。箱の容量で低域を稼ぐスタイルですね。最近300NEOの中古がやたら多いですが、それはぶっちゃけ音が悪いからでしょう。LS-K1と比較しても、くらべものにならないくらい300NEOは音が悪いです。
●LS-K1、さっそくばらしてみましょう。
まずは慎重に寝かせてユニットを外します。
ウーハーは六角レンチで外せますが、ツィーターはネジが見当たりませんね。カバーを外せばネジが出る、というタイプでもなさそうに感じます。たぶん裏から外すのでしょう。
●ウーハーを外しました。箱の素材はMDF。内部は見えずらいですが、所々に補強されており、しっかりと作られています。他の日本製と同様、吸音材はかなり少なめでした。
●背面板が外れるようなので外してみます。これもよくある日本製のパターンですよね。長めの木ネジ10本でしっかり止められていました。
●パカッと外れます。
するとなにやら、ごつめのネットワークが現れました。
●向かって右がウーハー用で左がツィーターとスーパーツィーター用のネットワークです。
ケンウッドは昔から、ネットワークのパーツには中上クラスの部品が多く使われており、いまでも感心するほどです。
3ユニットとも12dB/octで、基本に忠実な作りです。一部コンデンサーを、柔らかい音の出るものに交換しておきます。
●こちらは12cmウーハー。
コーンはカーボン系の繊維でできており、表面がざらついたタイプ。センターキャップはスエード調のものでした。エッジは厚みのあるゴム。ダンパーもしっかりしており、ストロークも十分です。
DENONやビクターなど、古いウーハーはよくダンパーを強化・補強するのですが、こちらは必要ないほどしっかりしていました。違う意味ですが、ダイヤトーンの固まったものも、ダンパーは新品が維持されてます(笑
●マグネットサイズは普通。一応キャンセリングマグネット付です。この半分むき出しのカバーは、コストダウンかな? まぁカバーを付けなくてもいいと思います。
それよりも、このウーハー、70年代のスピーカーを髣髴させるような”見事な鋳造フレーム ”です!
こういうところに金かけてるのが、ケンウッドですよねー。良いウーハーです。
●となりに300NEOの13cmユニットを並べてみました。300NEOはウーハーの中心にツィーターを備えた、同軸型2way、コアキシャルユニットです。コーンは紙コート、エッジは布、フレームはスチールと極一般的なものです。裸で鳴らしてみると、やはりケンウッドの方が深みがあり、高級感のある音色でした。
ただぜんぜん鳴らされていないような、まだまだ硬めの音でしたので、エッジとダンパー10%くらい、よく動くように再調整しました。
●ツィーターとスーパーツィーターは同じプラフレームにドッキングされたもので、裏側よりネジ3点で外せます。とりわけ綺麗で分解する必要はありませんでした。チューンしたネットワークをセットし、個人的に好きな吸音材(多め)を追加しました。写真では撮ってませんが、キャビネットにちょこちょこ付いた傷は全て補修しました。それと内部も少し補強を入れました。
●そしてユニットを取り付け
●祝!完成!

赤味が強めのマホガニーのせいか、品の良い高級感を兼ね備えた、中々のたたずまいですね。
●キャビネットは全体をUVクリアー(2部艶くらい)で再コートしたので、かなり綺麗になったと思います。
●良い雰囲気ですね。
●さて、まずはレストア前におこなった音質チェック、インプレッションから入ります。U
まずは一言U
「 おっ以外、なかなか良い音ですねー 」U

最初の音出しでまず「 全体のバランスが中々良いな 」という事に驚きました。U
中域、女性ボーカルの声質がクリアーで透明感があり、このままで十分に使えU
そうなスピーカーだと感じました。しいて短所を上げるならU

・高域の上の方がシャリシャリしすぎている。U
これは2way+スーパーツィーターの影響が出ているようで、TVやレコード系にU
はいいかもしれませんが、通常のJ-POPの場合、声質に高域が乗っかり過ぎて、U
少しうるさく感じるソースもありました。4kHzから7kHzあたりに山がありU
耳障りに感じるといった具合です。今なら流行のハイレゾ対応と言えば、うるU
さくても何でもOKですが(^^; この音で癒されるか?というと疑問です。U

・次に中域が引っ込み過ぎU
ケンウッドは昔からヨーロッパ系を意識しているようで、メーカー全体の音色がU
ドンシャリ傾向にあり、今でもそれは変わっていません。他の日本製と違い、U
中域・ボーカルの声がやや引っ込み気味で、音離れが悪いせいもあり、やや団子、U
やや雑味に感じられる面もあります。次に低域ですが、なんと言いますか、U
低域出すぞっ!て感じの気合は感じられるのですが、いかんせんピンのずれたU
500Hzあたりが盛り上がってるような感じのセッティングです。違う言い方をU
すると、ポコポコした低音がうざい、と言ったところでしょうか(笑U

個人的には中域の1kHzと低域は200Hzあたりを、少しだけ持ち上げてくれるとU
心地良いフィールになりそうな気がします。もしくはフロントポートね。いずU
れにせよケンウッドは、ヨーロッパ系モニターに多いフィーリングでもあります。U

まとめるとU
第一印象はとても良いものでしたが、色々なソースを聴いてくうちに、小型3way、U
2way+スーパーツィーターが仇となっているような気がしました。これフロントU
ポートだったら一気に解消される気もしますが、とりあえずこれはこれでケンU
ウッドの味なので、良しとしましょう。U

少し聴き疲れするスーパーツィーターのセッティング変更と、ウーハーがよりU
動く、フルストロークするように調整し、中域の厚みも少し増しました。これかU
ら鳴らしていけば、どんどん音が整ってくるはずです。最初に軽く感じた短所U
を改善しただけでも、だいぶ良いフィーリングに変わってきました。U


最後に。U
久々の日本製レビューはいかがでしたか。U
日本製は元々完成されつつあるので、極端に音を変えるようなフルチューンU
以外、小変更するのはわりと難しい機種です。ですがLS-K1は、2way+1というU
構成、3wayに近い構成だったので、わりとセッティングが出しやすかったです。U
日本製は小型で低音出そうとするから、箱鳴りが強くなってポコポコするパタU
ーンも多いのですが、箱の内部を少し補強したり、吸音材を多めに入れてやれU
ば解消でき、より深みのある低音が出るようになります。もっと詰めていくなU
ら、ポートをスポンジで塞ぎ、密閉にした方がいいかもしれません。U
いずれにせよ、一皮も二皮もむけた「
スペシャルなLS-K1 」になりました。U

次回U
写真にも登場したTEAC S300NEO の予定です。U
10年ほど前、TEACの300シリーズの音、特に小型同軸ユニットの音に魅せられU
300シリーズの全てを、色々やりつくすほどはまったものです。あれから10年U
ついにヴァリアスクラフトに後継モデルの登場ですかね。お楽しみに♪U

KENWOOD LS-K1 2007年頃〜 ¥94,000円(ペア)  
メーカー解説:
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式
使用ユニット 超高域用:2cmハードドーム型
高域用:2.5cmソフトドーム型
低域用:12cmコーン型
再生周波数帯域 45Hz〜40000Hz
インピーダンス
出力音圧 85dB/W/m
クロスオーバー周波数 3kHz、20kHz
外形寸法 幅180×高さ330×奥行275mm 約L
重量 5.7kg(1台)


     ・・・